女性作業員

アライグマ駆除はササッと終わらせよう|長期戦に終止符

殺鼠剤と設置場所

笑顔の女性

ネズミによる被害は衛生面においても環境においてもあります。そのため、ねずみ駆除は必要なことです。殺鼠剤を使うとネズミの姿を見ることなく駆除できます。設置場所は台所がおすすめです。遅効性の薬剤のため警戒心を抱かせることなく巣全体を駆除できます。

もっと読む

捕獲器と殺鼠器の使用

家

ねずみ駆除の方法には捕獲器の使用があります。部屋の隅や物陰に置いておきましょう。その際、新聞紙の上に置いてネズミの足についている油を取りましょう。また、殺鼠剤の使用もおすすめであり、台所などに複数個所におきます。

もっと読む

生態や予防策

アライグマ

その生態や危険性

アライグマは、可愛らしい見た目に反して非常に凶暴で怪我をさせられる可能性も高く、また、建物や農作物への被害なとも問題視されているため、自治体によっては積極的に駆除を行っています。そのため、無料で駆除のめの捕獲用の罠を貸し出してくれる自治体もあります。また、成獣になると力も強く、運動能力も高いため網などで捕獲するのは難しいものです。アライグマを捕獲して駆除するためにさまざまな捕獲箱などの罠も販売されています。罠を仕掛けてから捕獲するまでにかなり時間がかかることもあるので、被害がでてから迅速な対応をすることが大切です。また、たとえ罠をしかけて捕獲できても、上記したようにアライグマは凶暴なため油断できません。そこで活躍するのが専門のプロの業者さんです。非常に危険なので、捕獲した後は一般の方は怪我をしないように、専門のプロの方にお願いするようにしてください。

被害を防ぐ予防策

もしも農作物や家屋が少しでもアライグマによる被害を受けた場合、甚大な被害を受けないように、まずしなければならないのは自治体への相談です。被害の多い自治体は積極的に駆除を行っているので、きちんと対応を行ってくれます。また、アライグマ駆除の業者さんに依頼して、捕獲してもらうのも有効です。プロの業者さんであれば、効率よく捕獲してその後の処置や対策なども迅速に対応してくれるので、被害が広がる前に相談しましょう。早めの対策が被害を最小限にする一番の鍵なのです。アライグマによる被害を未然に防ぐ方法として、アライグマが寄り付かないようにするために、庭など屋外で金魚や鯉などを飼わないように気をつけてください。また、農作物の収穫後に出る野菜の屑や生ゴミも、餌になってしまうため気をつけなければなりません。さらに、建物内に侵入されないように、隙間や穴は金網などを使ってしっかり塞ぎ、倉庫などあまり人の立ち入らない場所は定期的に見回るようにしましょう。

安全で確実な取り組みを

男の人

ねずみ駆除は捕獲だけではなく、寄せ付けない方法も有効です。ゴミの管理のほか、忌避剤と超音波駆除機を活用すると、姿を見ないで済むメリットが得られます。注意したいのは、子どもやペットをトラップから守ることです。粘着シートや毒エサの管理は十分に気を付けましょう。

もっと読む